アフターピルにはアイピルなどのジェネリック医薬品があります。基本的には病院で処方してもらえますが、最近ではネットを利用して注文される女性が増えているようです。こちらではアイピルの価格などについてご紹介していきます。

  • ホーム
  • コンドームのラテックスとアフターピルの血栓症リスク

コンドームのラテックスとアフターピルの血栓症リスク

現在、女性の体を守る避妊具は数多く存在します。
その中でも一番ポピュラーなのがコンドームです。
コンドームはラテックスやポリウレタンなどを薄膜をサック状にした避妊具であり、成功時に男性のペニスに被せ使用します。
しかし性行為時にこのコンドームを嫌い使用せずに性行為に及ぶ男性や性行為中にコンドームが外れてしまったり、破けてしまったりというアクシデントも少なくありません。
もし、そのような予期せぬトラブルで避妊に失敗した可能性がある場合にはアフターピルなどを病院にて処方してもらい服用する必要があります。
アフターピルは緊急避妊薬として病院で処方を受けることが可能で、主に処方されるのが低用量ピルです。
また低用量ピルを用いて緊急避妊をする場合には性行為後72時間以内に服用することで高い避妊効果が得られますが、72時間以降に服用する場合には効果が少なくなりますので注意しましょう。
またアフターピルは比較的副作用の少ないお薬ではありますが、吐き気や胸の張りなどの症状がでる場合があります。
また特に注意が必要なのが血栓症です。
血栓症はアフターピルに限らずどのピルにも考えられるリスクが伴うことを忘れてはいけません。
服用する場合には必ず医師の指導の上、決められた用量で服用を行い、もし強い副作用を感じたり服用後にお薬を吐き戻してしまった場合にも必ず医師に相談するようにしましょう。
また、病院でピルを処方してもらう場合に自由診療のため薬価が全て自己負担となってしまいます。
そのため最近ではインターネットやスマートフォンからネット通販サイトを通じてピルを常備薬や避妊目的以外に生理痛の緩和や生理周期の調整を目的として個人輸入で購入する女性も多いようです。

人気記事一覧